援助目的女性回避術で一般女性と出会う

出会える可能性が高い出会い系サイトは残念ながら援助目的の女性が横行しています。援助目的女性は、個人で活動している場合と組織ぐるみで活動している場合があります。組織ぐるみの活動はいわゆる援デリ業者と言われるものです。

出会い系にもよりますが、いずれの場合も登録女性の4割~5割は援助目的で活動しています。非常に悲しい状況ではありますが、一般女性も多く登録しているのも事実ですから、いかにして援助目的女性を回避しつつ活動できるかが重要になります。

援助目的女性に共通なプロフ内容

援助目的か否かを判断することは慣れてしまえば比較的簡単です。共通の特徴がありますからプロフを見た瞬間に判別できるようになります。以下に特徴を挙げます。

  1. 自己PRに男心をそそるエロい内容を記載している
  2. 自己PRに「割り切りで」や「大人の関係で」などハッキリ記載している
  3. 20代の既婚なのに旦那がかまってくれないとか記載している
  4. 趣味や興味あることなどの項目に「SEX/大人の関係/不倫/大人のおもちゃ...」などが選択されている
  5. プロフ写真がエロい

このように、男心をくすぐる内容が満載です。最初はこのようなプロフを見ると、世の中にはなんてエロい女性が多いんだ!なんて錯覚してしまいがちですが、決してそんなはずありません。特に若い男性で出会い系初心者の場合はこのような思いになりがちなので注意が必要です。

まぁ、冷静に考えてみれば分かるのですが、タダでセックスさせてくれるような一般女性など絶対にいませんから。「割り切り」「大人の関係」ってのは要するに「お金で割り切り」「お金で大人の関係」ってことなのです。

プロフ検索条件でフィルタするのは必須

このような援助目的女性はプロフ検索結果から排除できれば効率よく活動できます。それにはプロフ検索時の条件設定を工夫することが必要です。どの出会い系サイトでもプロフ項目中の趣味や興味あることなどの各項目を検索条件として設定できます。

この条件設定でアダルト項目を選択しないようにすればフィルタできます。サイトによっては「選択項目を含む」と「検索項目を含まない」の2方向の設定が可能ですから設定次第でかなり排除できます。

それから、先ほど述べた援助目的女性のプロフの特徴にも挙げたとおり、20代で既婚者の場合も援助の可能性が非常に高いです。ですから、思い切って20代を検索する際は独身のみに条件設定しても良いかもしれません。

結局のところ100%回避はできない

このように、検索条件設定を工夫することでかなりの割合で援助目的女性を排除することができますが、残念ながら完全に排除することはできません。

趣味や興味あることお項目にアダルトな項目を設定してなくても、自己PRの文章内で思いっきりエロい内容が書かれている場合も少なくありません。キーワード検索検索はどのサイトも機能として持っていますが、特定のキーワードを排除する機能はなかなかありません。指定キーワード排除機能があれば更に使いやすくなるのですが...

結局のところ、最終的には1人ずつプロフ内容を確認して判断するしかりません。プロフ閲覧に数十円の料金が発生するサイトもありますからその金額もバカになりません。プロフ閲覧が無料で、かつ、プロフ検索結果一覧により多くの情報が表示されるサイトが効率よく活動できます。

たくさんの検索結果から女性プロフを1件1件参照するのは非常にめんどくさい作業です。プロフ閲覧するためにクリックして、プロフ内容確認して、申し込みメールコピペして、相手のハンドル名を入れて...この繰り返しです。マメでかつ根気のある男性でないと、長続きしないかもしれません。

出会える可能性の高いサイト

以下は多くの評価サイトで「必ず出会える」と絶賛されているサイトばかりですがウソです。一部を除き、援助や業者も多く簡単には出会えません。しかし、一般女性も多く登録しているのも事実です。やり方さえ間違えなければ出会える可能性が高いサイトではあります。

デザイン 体験 関連 詳細 公式
ラブサーチ 21件 3件 detail official
ワクワクメール 4件 7件 detail official
イククル 9件 12件 detail official
PCMAX 3件 9件 detail official
YYC 7件 2件 detail official
メルパラ 7件 5件 detail official
Jメール 4件 7件 detail official

最近記事10件

よく読まれている記事上位10件