なぜショボイ出会い系評価サイトが検索上位?

サクラがいなくて実際に出会える確率の高いサイトを探そうと検索エンジンで「優良出会い系サイト」のキーワードで探してみると大量の出会い系評価サイトがヒットします。しかし、1ページ目、2ページ目に登場するサイトの中には、同じようなサイトでしかも内容の薄いサイトも少なくありません。どうしてこのような現象になるのでしょうか?

同じような内容、デザインのサイトばかり

優良出会い系サイトを探そうと、参考になる評価や口コミを探そうと検索しても、上位に登場する評価サイトは同じようなデザインで同じような内容のサイトが多く現れます。しかも、その内容はショボイ...こんな情報量と質ではまったく参考になりません。もちろん、中には凄まじい情報量と質の良いサイトも上位表示されていますが、それにしてもショボイサイトが多すぎます...

このような思いを抱く方も多いのではないでしょうか。優良な出会い系サイトを探している人にとっては邪魔な存在ですし、出会い系アフィリエイトをしている管理者にとっては納得いかない状況だと思います。私も納得できません。

100歩譲って、まだ出会える可能性の高い出会い系サイトを紹介していればいいのですが、そうではありません。サクラ満開ボッタクリサイトを平気で優良サイト!として紹介しています。「無料出会い系サイト」で検索した結果は更にひどい状況です。

コンテンツは決して充実していない

このようなサイトの多くは、必ずランキング形式の内容になっています。ランキングと簡単な説明、そして、いくつかの紹介記事...どう考えても同じ運営者が作っているサイトとしか思えません。

しかも、それらのサイトは数ヶ月間隔で消えてなくなり、そしてまた同じようなサイトが登場するのです。これの繰り返しでいつまでたっても検索上位はこれらのショボイサイトが居座るのです。

SEOで上位表示?

検索エンジンに自分のサイトを理解してもらいやすくするためにSEOといわれる技術があります。私自身、SEOの知識は皆無で、せいぜい、タイトルや見出しにはねらっているキーワードを入れる、ナチュラルリンクが多いほうがよい...この程度の誰でも知ってる知識しかありません。

googleの検索エンジンは、より人間に近づこうと頭の良いエンジニアが開発を進め、日々進化しています。今までは「多くのサイトからリンクされるサイトは良いサイトだ」の比重が大きく、他サイトからのリンクが多ければ、多少内容がしょぼくても上位表示できていたそうです。いわゆる外部SEOです。

しかし、ここ数年はコンテンツ重視に変わりつつあるようで、他サイトからのリンク数の評価は下がる傾向のようです。とは言っても、まだまだ外部リンクの威力は絶大なようで、上位にいるショボイサイトは大量の外部リンクを取得してるんだろうなぁ~(自作自演で...)と勘ぐってしまいます。

えっと、半分ぐらいはグチになってしまいましたが、要は何が言いたいかというと、上位表示されている出会い系評価サイトは必ずしもコンテンツが充実しているとは言えないと言うことです...負け惜しみもありますけどね...

出会える可能性の高いサイト

以下は多くの評価サイトで「必ず出会える」と絶賛されているサイトばかりですがウソです。一部を除き、援助や業者も多く簡単には出会えません。しかし、一般女性も多く登録しているのも事実です。やり方さえ間違えなければ出会える可能性が高いサイトではあります。

デザイン 体験 関連 詳細 公式
ラブサーチ 21件 3件 detail official
ワクワクメール 4件 7件 detail official
イククル 9件 12件 detail official
PCMAX 3件 9件 detail official
YYC 7件 2件 detail official
メルパラ 7件 5件 detail official
Jメール 4件 7件 detail official

最近記事10件

よく読まれている記事上位10件